PM2.5の原因の一つが料理?

環境や大気の汚染のひどい中国ですが、PM2.5によって街は白い霧のようなものに覆われる状態となり、一部が近隣諸国まで及びはじめています。

その原因は、車の排ガスや冬の暖房の石炭などといわれていますが、ここにきてその原因の一つに調理があるのではないかといわれています。

北京としては北京市大気清浄行動計画なるものを制定して対処しているといい、その原因の一つとして、都市の巨大化により中国人の習慣的な料理が、PM2.5の上昇に影響を与えていると語ったといいます。

この主任の発言を受けて、ネットではキュウリの和え物ばかり食えというのかとか、調理器具の購入を抽選とし、調理人にナンバーをつけて偶数奇数で制限をかけろ、などという不満や皮肉がかき込まれているといい、調理をスケープゴートにしていると反発しています。

経済優先で環境を後回しにしているツケは、自国ばかりではなく周辺国にも影響を与えかねず、経済の減速も言われる中、その舵取りはさらに難しくなっているようです。

リサラ 顔

PM2.5の原因の一つが料理?